2011年11月17日

グルーミング

身だしなみに気を使うこと(グルーミング)がイイ男の条件になったのは、最近に始まったことではありません。18世紀のイギリスで、平民の生まれながら、ダンディズムの元祖・伊達男としてのしあがったジョージ・ブライアン・ブランメル (通称:ボー・ブランメル)の例が示すように、イギリスでは古くから、グルーミングは紳士のたしなみ、成功の条件でした。
古くから、英国紳士御用達のお店が並ぶロンドン中心のメイフェア地区には、そんな紳士専用のグルーミングサロンが今でも残っています。歴史を感じる重厚な雰囲気の中で、ヘアカットと髭剃り、爪のお手入れなどのサービスを提供しています。
しかし、メトロな男たちの出現で、紳士専用のサロンも変わってきているようですよ。では、メトロなイイ男たちもはどんなサロンに行っているのでしょうか?
男性誌が扱うテーマといえば「フットボール」「車」「セクシーモデル」くらいのもの。しかし、この『GQ』は違います。
男性誌の流れは汲みつつも、「ファッション」「グルーミング」「政治・経済・時事問題」「グルメ」などをフィーチャーし、トータルでファッショナブルなライフスタイルとして提案するという独自のアプローチ。20代後半から30代の"デキる"ビジネスマンたちに支持されている月刊誌です。
ウェブサイト版も、充実した内容。最新のファッションやグルーミング用品の情報はもちろん、デートに使える素敵なレストランやバー、ナイトクラブなどの情報が満載で、ロンドンの「今」が見えるサイトです。

posted by てらし at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

外国宝くじ

宝くじは多くの国において発行されているが、通信手段の発達と送金手段の多様化により購入代行ビジネスが活発化し、発行国に赴くことなく世界各国の宝くじを購入することが容易となっている。このように、外国にはいろんなタイプの宝くじがあるのですが、基本的に外国の宝くじを日本にいながら買うのは禁止されています。買うだけでなく、換金、売買することも禁止なのです。
極論を言え領海がいにいるとき外国船舶内で外国銀行の口座に自動入金してもらうように設定して買えば合法だよ。インターネットでの購入も違法です。
日本国内の宝くじは当せん金付証票法に基づく根拠法があるために発売できるのである。海外の富くじを日本国内で購入できないのは当せん金付証票法が外国の富くじを対象としていないため。
日本においては、古くは江戸時代などにおいて神社や寺の修復費用を集めるなどの目的で富籤(とみくじ)が発行されていた。1948年に当せん金付証票法(昭和23年法律第144号)に基づき浮動購買力を吸収し、もつて地方財政資金の調達に資することを目的とする為に運営されている。
そして、外国の宝くじは高額なものが多く、宝くじの上限が決められていないタイプが多いので日本では考えられない金額の当選金が貰える宝くじが多いのです。
さて、気をつけなければいけないのが、外国の宝くじに関する詐欺や悪徳商法が行なわれている事実があります。
最も頻繁に見られるものが、冒頭でも書いたのですがいきなり外国からダイレクトメールが届くものです。
内容はいろいろな種類があるようですが、内容は大体似たような内容になっていて・・
「あなたが選ばれました。外国の宝くじに当選しましたので至急連絡をしてください、あるいはこの口座まで振り込んでください。
的なもので、クレジットカードで登録費用を払うという内容が多いようです。
いきなり、外国の宝くじが当選しました・・などと冷静に考えると、そんなことはあるはずがないのですが騙される方がいるのですからご注意ください。
もし、そういうダイレクトメールがきても無視をするのが一番よい方法です。
でも、もし登録をしてしまった場合は、登録解除をすることを最優先して、クレジットカードの引き落としを止めるようにカード会社へ連絡をしましょう。
posted by てらし at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

第二のレアエース

日本漢方生薬製剤協会は2011年10月1日、中国産原料生薬の価格(購入ベース)に関する初の調査を実施し、その結果を公開した。それによると2006年から2010年までの4年間で、中国から直接輸入している漢方薬の原料生薬で使用量が上位の30品目において、価格が約1.6倍に上昇していることが分かった。日本で使用される漢方薬の原料生薬のうち8割強は中国産ということもあり、今後販売価格の上昇も懸念される。
今調査は2011年1月4日から2月4日までに、日漢協会会員会社74社に対して行われたもので、対象となる生薬は「2008年度生薬使用量調査」で使用量が多かった上位30品目など。
今調査結果によると、中国から直接輸入している原料生薬で使用量上位30品目の価格の推移は、2006年を100とし各社データを加重平均すると、価格指数は2008年が126・2010年が164となり、4年間で約1.6倍の価格上昇が認められた。
ただし、「漢方に副作用がない」というのはある意味で本当である。これは薬が天然のものだからという理由でなく、漢方の方法論において副作用という概念がないということである。漢方では副作用が出た場合は誤治、すなわち診断ミスか投薬ミスとみなされる。しかし、服用後に副作用がでないことを完全に予知できない以上、西洋医学から見れば詭弁であろう。漢方では、理論上は、副作用があって治癒できるなら副作用なしでも可能であるとされている。このことを理解するには証の概念について詳しく知る必要がある。
posted by てらし at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする