2017年06月18日

外国人が日本のレジで困惑 なぜ「五円玉」だけ漢数字表記なのか

レジで代金を支払っていた外国人が、5円玉が何円なのかわからず戸惑っていたというエピソードがTwitterに投稿され、話題になっている。
現在日本で発行されている貨幣のうち、硬貨は「1円」「5円」「10円」「50円」「100円」「500円」の6種類。100,000円の金貨幣とかも発行されているが
このうち5円玉だけ、金額が漢数字で表記されている。
他はすべて算用数字が使われているため、訪日外国人は5円玉に困惑してしまうようだ。
なぜ5円玉だけ漢数字が使われているのか、硬貨を鋳造している造幣局に話を聞いた。
造幣局の担当者によると、5円玉だけ漢数字が使われていることに「特別な理由はない」とのこと。
5円玉には、農業を表した稲穂、水産業を表した水、工業を表した歯車が描かれており、これらを軸に日本の経済を発展させるという祈願が込められている。
ネット上では、このことや昭和24年からほぼ変わっていないデザインへの愛着が変更を見送らせている意見もあるが、そのようなこともないという。
貨幣デザインの見直しは、「必要性が高いと判断されれば都度実施する」とのことで、展示会に貨幣を出展するなど、定期的に意見収集や見直しが検討されている。
展示会では5円玉について、「漢字表記のみでわかりづらいという意見とともに、一度覚えてしまえば他の硬貨との識別性は高いという、扱いやすさを感じさせる意見も聞かれた」こと、「硬貨のデザインは安易に変えると混乱を招きかねない」ことから、2017年6月時点で変更の予定はないとしている。
通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律(昭和六十二年六月一日法律第四十二号)第7条により、貨幣は額面価格の20倍までに限って、強制通用力が認められている。すなわち、支払を受ける側は、貨幣の種類ごとに20枚までは受け取りを拒むことはできない。例えば、12,000円の買い物をして、五百円硬貨と百円硬貨各20枚で支払うことは認められる。ただし、21枚以上であっても、支払を受ける側が拒否せず受け取るのは自由である。
posted by てらし at 14:44| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450981314
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック