2012年07月26日

グスコーブドリの伝記

『グスコーブドリの伝記』(グスコーブドリのでんき)は、大正後期を中心に活動した日本の童話作家・宮沢賢治の手になる童話。1932年(昭和7年)4月に刊行された雑誌『児童文学』第2号にて発表された。賢治の代表的な童話の一つであり、生前に発表された童話として数少ない一つでもある。
本作にはその前身となる作品が存在する。1922年(大正11年)頃までに初稿が執筆されたと推定される『ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記』である。この作品は「ばけもの世界」を舞台とし、苦労して育った主人公であるネネムが「世界裁判長」に上り詰めながら慢心によって転落するという内容の作品であった。賢治はこの作品のモチーフを利用しながら、およそ10年の間に作り変え(その過渡的形態を示す『ペンネンノルデは今はいないよ』という創作メモが残されている)、1931年(昭和6年)頃に本作とほぼ同じ内容を持つ下書き作品『グスコンブドリの伝記』を成立させた。

賢治は詩人・佐藤一英が編集・発行した雑誌『児童文学』の創刊号に『北守将軍と三人兄弟の医者』を発表したのに続き、本作を発表する。その発表用と思われる清書原稿の反故が数枚現存しているが、その中には上記の『グスコンブドリの伝記』の終わりのほうに裏面を転用したものがあり、『グスコンブドリの伝記』が完結しない段階で冒頭から『グスコーブドリの伝記』の清書を行うという差し迫った状況をうかがわせる。『グスコンブドリの伝記』と本作を比較すると、『グスコンブドリ』での細かいエピソードの描写を省略した箇所がいくつか存在している。賢治の実弟である宮澤清六も評伝『兄・賢治の生涯』で「後半を書き急いでいるような印象」を指摘している。
なお、本作の発表用原稿の執筆時期については1931年(昭和6年)夏に書かれた書簡に「(『児童文学』に対して童話を)既に二回出してあり」という表現が見られる一方、『兄・賢治の生涯』ではこの作品の執筆をめぐるエピソードが1932年(昭和7年)春の話として出てくる。このため1931年夏にいったん送った後、書き直しを求められたのではないかとする意見もあるが詳細は不明である。
posted by てらし at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

BLOODY MONDAY(1) (少年マガジンコミックス)

日本で起きたロシア諜報員の殺害事件。その裏には、ある組織が企てるウイルスによるテロ計画「ブラッディ・マンデイ」の存在が‥‥。スーパーハッカー・高木藤丸は、父である竜之介が属する公安調査庁からの依頼で事件解明に乗り出す。だがそこには藤丸自身にも関係する、想像を超える大いなる陰謀が潜んでいた‥‥!!

クリスマス・イヴの夜、ロシアで成立したウイルス取引。目的は不明。わかっているのは組織の一味であるマヤという謎の女性の存在と「ブラッディ・マン デイ」という計画のキーワード。そしてロシアから遥か離れた日本の地で、ある事件が起こる‥‥。
posted by てらし at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

BASTARD!! 14 (ジャンプコミックス)

復活した破壊神アンスラサクスに対抗するため、伝説のエウロペアの十賢者が現れ竜戦士・ルシファーとD.S.を融合させようとするが失ってしまうという、人類と絶望的状況下で戦うD・S。
カル=ス、アビゲイル、アーシェス・ネイの究極呪文をアンスラサクスの体に放ち、その防御壁を破った。
ととめに、「超霊子崩壊励起」呪文により、アンスラサクスを原子に分解してしまう。
ところが、とどめに入ったダーク・シュナイダーの首が飛んで、アンスラサクスの体が、輝く白色になってよみがえった。
それは、中級第一位にある主天使だった。破壊神や邪神群とは高次元の天使達が受肉する為の触媒に過ぎず、真に人類を滅ぼそうとしていたのは人類を導くはずの神と天使達により、人類を滅ぼそうとしていた。光の力により別空間へ封印されてしまう
それは、エウロピアの十賢者が、神の力「霊子エネルギー」を発見し、自ら生物を創りだしたからであった。
主天使の攻撃により、キング・クリムゾン・グローリーは落下し始める。ダーク・シュナイダーは、もういない。

上位三隊 「父」のヒエラルキー
熾天使(セラフィム / 単数形はセラフ)
智天使(ケルビム / 単数形はケルブ)
座天使(スローンズ / 単数形はスローネ)
中位三隊 「子」のヒエラルキー
主天使(ドミニオンズまたはキュリオテテス)
力天使(デュナメイスまたはヴァーチュズ)
能天使(エクスシアイ / 単数形はエクスシア)
下位三隊 「聖霊」のヒエラルキー
権天使(アルヒャイ / 単数形はアルケー)
大天使(アルヒアンゲロイ / 単数形はアルヒアンゲロス)
天使(アンゲロイ / 単数形はアンゲロス)
posted by てらし at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする