2011年05月08日

ボクシング 亀田興毅、TKOで初防衛

亀田興は立ち上がりから積極的に前に出て主導権を握り、8回終了間際に左フックでダウンを奪った。その後も攻め続け、11回終了後にレフェリーがディアスのダメージが大きいと判断して試合を止めた。日本ジム所属の現役世界王者(男子)は6人で変わらず。
 戦績は亀田興が25勝(16KO)1敗、ディアスが18勝(13KO)3敗。 
世界ボクシング協会(WBA)(NBA全米ボクシング協会より改称),世界ボクシング評議会(WBC),国際ボクシング連盟(IBF),世界ボクシング機構(WBO)も4つもあるのに
IBFとWBOは、WBAから分裂した後発団体で、「王座の乱立は望ましくない」とのスタンスにより日本プロボクシング協会 (JBC) はIBF・WBOを公式試合の団体としては認めていない。
posted by てらし at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

尖閣諸島問題

中国共産党は、清がイギリスなどの西欧列強に領土を奪われた経験から、軍事的実力のない時期に国境線を画定してはならないという考え方をもっている。中国とインドの事例(中印国境紛争)では、1954年の周恩来とネールの平和五原則の合意および中国国内のさらなる安定を待って、インドが油断している機会を捉えて、1962年11月、大規模な侵攻により領土を拡張した。当時、キューバ危機が起きており、世界がそちらに注目している中での中国による計算し尽くされた行動であった。 軍事的優位を確立してから軍事力を背景に国境線を画定するという中国の戦略の事例は、中ソ国境紛争などにも見られ、その前段階としての軍事的威圧は、東シナ海および南シナ海で現在も進行中である。日中国交正常化時の中国側の領土棚上げ論は、中国に軍事的優位を確立するまでの猶予を得るための方便ともいえる。 「沖縄はもともと我々の領土だ。日本は沖縄を直ちに返せ。」という人もいる
posted by てらし at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

サッカーくじ総売上額937億円 史上2位、10年シーズン

サッカーくじを運営する日本スポーツ振興センターは29日、2010年シーズンの販売を同日で終了し、各くじの総売上額は936億9312万4300円に上ったと発表した。08年シーズンの948億9095万4200円に次いで史上2位。同センターによると、3月から12月までの10年シーズンのビッグで1等6億円は合計40口出た。
私も買ったけど、当たらなかった
posted by てらし at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする